読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若手プロマネ(PMP)のつぶやき

若手プロマネ(PMP)として、少しでも世の為、人の為、皆がHAPPYになれるように


部下育成で重要なこと|褒めて評価することが大事!

部下育成で悩まれている方は多いかと思いますが、

ここ最近ひしひしと感じる、部下育成を行う上で重要なことを書きたいと思います。

それは、褒めて評価することが大切です。

 

ちなみに、私はと言うと、

チームを持ち、部下を育成する立場にありつつも、

一個人としては当然、上司にとっての部下で育成される立場であり、

30歳手前の若手プロマネ(PMP)です。

 

冒頭に書いた、

褒めて評価することが大切

について、そんなの言われなくても分かってるわと指摘されそうですが、

相手に伝えられていない人や

思っていても行動できていない人、

小っ恥ずかしくてそんなのできない人、

言わなくても気持ちが通じているから大丈夫と思っている人、

体育会系だから褒めるなんて必要ないと思っている人など、

意外にもできていない人って多いと思うんです。

 

辛い思いや悲しい気持ち、悔しい気持ちを持ちつつ頑張れるのは、

その後に褒められたい、認められたい、評価されたいと思っているからです。

 

そもそも、部下を褒めることができていない人は、恐らくこんな共通点があると思うんです。

 

部下を育成する気がない。

 

自分の仕事が楽になるから、

部下にはできる仕事が増えて欲しいし、

効率アップして欲しいし、とか思うんですが、

それは結局、自分が楽をするためであって、

部下が成長して、目標を達成したり、自己実現することを望んでいる訳ではないと思うんです。

 

人は結局、褒められ、認められ、評価することでしか、自信を持つことはできないのではないでしょうか?

根拠のない自信や、虚勢をはれる人もごく稀にいるかもしれませんが、

そんな強い人ばかりではありません。

 

ちゃんと部下と向き合い、観察し、昨日できなかったことが、

今日できるようになったのであれば、

褒めて評価してあげてはどうでしょうか?

 

もちろん、厳しさを併せ持つことが大切だと思います。