若手PMのつぶやき

若手PMのつぶやき

少しでも世の為、人の為、皆がHAPPYになれるように

仕事中、人に話しかけられた時にちゃんと受け応えできる心の余裕は欲しい|2018/6/13の一言日記


今日は、いつもにも増してパツパツのスケジュールの上に、更にトラブルに巻き込まれる

自分でもという事態に…

 

もう、昼ご飯もデスクでPC見ながら、流し込み、心が休まらない…

 


f:id:yaspontax:20180613220813j:image

 

もちろん、そんな時間を割いているので、ミッションはしっかりこなしますよ。( ・ิω・ิ)キリッ

 

しかし、そんな状況の中、今日はいつも以上に相談を持ちかけられる…

 

心に余裕が無さ過ぎて、対応が冷たいことこの上ない。

自分でも感じてしまい、申し訳ないなーと思うくらい。

僕はどんな表情で話を聞いているのかと不安になるほど…w

 

これはダメだ。

 ちゃんと受け答えできる心の余裕は持たないと。

 

ということで、「心の余裕を持つには」というキーワードでGoogle先生に聞いてみました。

 

心に余裕を持つ方法
 

自分の状態を正面から受け止める
 

まずは自分が疲れているっていう自覚が何よりも大切です。

(当たり前のことですけど)

それがどんな状況であれ、“自分が”しんどい、辛い、疲れている、

といったことを認めてあげることが大事なんですね。

つまり自己承認です。
出典 心の疲れを癒すには?~心に余裕を持つ考え方~

出典:http://the5seconds.com/there-is-no-room-in-my-heart-10054.html

 

とのことです。

この記事を書いている時点で、クリアですね。

 

心に余裕を持つには物事を俯瞰して見る
 

そうした時にどうしたらいいかといいますと

「今私はうまくいっていないかもしれないが、長い道程の途中であるだけなので、このままならなさも、まぁそのうちなんとかなる」

と思うのです。
何をバカなことを、と思われるかもしれませんが、自分が思いつめられている時こそ、自分だけを見ず自分を取り囲む周囲を見渡すのです。

それこそ都道府県や国レベルで。そうして考えるのです。

「今私が上手く出来なかったとして、それが何か問題であろうか?別に自分が上手くできなければ他のもっと得意な誰かがやるだけだ」

出典:http://the5seconds.com/there-is-no-room-in-my-heart-10054.html

 

なるほど。

これもよくやるよね。

飲んで寝たら忘れるw

 

心に余裕がない人は自信がない人
 

いつも物事に対して焦っている人っていませんか?
実はそれ、自信のない現れからきているそうです。

目の前のことで精一杯で、視野が狭くなり
さらにミスもしてしまい、自信を失うという
マイナスの循環を繰り返してしまいます。

自信がないから → 焦る →
焦るから → 余裕がなくなる

「自信のなさ」こそが、
余裕のなさの原因だったのです。

出典:https://clear33.com/post-442#i-6

 

時と場合によるけど、これは耳が痛い…

自信がないことって、本当にマイナスしかないですねw

 

 

心に余裕を持つ7つの習慣
1.呼吸を深める
 

心に余裕が無い人は呼吸が浅いのが特徴です。
呼吸が浅い状態は、いわゆる戦闘態勢の状態で
交感神経が優位になり、感情が高ぶりピリピリ
している状態です。

ということは、逆の呼吸、深い呼吸をすれば
リラックスするということです。

深い呼吸をすると副交感神経が優位になり
リラックスします。

深い呼吸法は、古代インドを起源とする
「4・7・8呼吸法」がオススメです。

やり方は、

1. まず“フー!” と言いながら肺の中の空気をゆっくりと吐き出します。
2. 口を閉じて、心の中で4つカウントしながら鼻から息を吸い込みます。
3. 次に7つ数えながら息を止めます。
4. それから8つカウントしつつ、ゆっくりと口から “フー!” と息を吐き出していく。
ゆっくり、深くやることがポイントです。

 

2.あえて人の為に時間を使う
 

忙がしい時こそ、あえて周りの人の手伝いを
したほうが、自分に余裕があるように感じることを
ペンシルバニア大、イェール大、ハーバード大の研究で
分かっています。

それとは対照的に、無駄に時間を使ったり、自分のために
時間を使ったりするほど、以外にも心の余裕はないと
感じるそうな。

これは忙しい人ほど、楽しく幸せにお金を
稼げてしまうということにも関係がありそうです。

3.余裕がない自分を認める
 

いつも忙しくするのにも、
人間ですから限界があります。

よく仕事で動いていないから、
なにもやっていないからといって
自分が疲れていないと思い込もうとする人がいます。

人からどう見えるかではなく、
自分がどう感じているかのほうが重要なのです。

自分が疲れていると感じれば、
精神は自分の想像以上に疲れています。

ここでは「自分の心に素直になること」が重要です。

まじめ、誠実、優しい、人の気持ちが分かる、
人のことをいつも考えている人は要注意です。

自分に余裕がないと思えば、
思い切って休みましょう。

それはサボりでも、
なんでもありません。

4.色々丁寧に生きてみる
 

普段見ない場所を少し丁寧に見てみたり、
当たり前にやっていたことを、いつもよりも
丁寧にやってみると意外な発見があります。

空の青さ、夕日の赤さ、川の流れる音、
草の香り、道端の小さな花、小さな子供の笑う声。

今までとは違う世界、新しい世界が
広がっていることに気付くことでしょう。

5.自分に優しく
 

まずは、ひとりきりになれる時間を持ちましょう。
自分に些細なご褒美を与えるのも有効です。

少し照れますが、鏡の自分に向かって
優しい言葉を掛けるのも非常に効果があります。

6.極端な思考をやめる
 

極端な思考は相手を責め過ぎ、
自分を責め過ぎ、結果として
自分を追い込んで逃げ場を失います。

極端な思考になっていたら、
ストレスを感じている証拠だと思って下さい。

7.やらない選択をする
 

この世の中は情報で溢れています。
ですから、やらない選択をしなければ
いつの間にか誰かに影響を受けてしまいます。

やるべきことよりも、やらないことを決める
時間を取ることです。

やらないことリストを作りましょう。

やらないことを決めるには、最もやらなければ
ならない最優先事項が決まっていなければ出来ません。

リストアップすると分かりますが、
人は毎日かなりのやらなくていいことを
やっていたり、考えていたりします。

 

出典:https://clear33.com/post-442#i-6

 

お、これは分かりやすい!

 

2.あえて人の為に時間を使う

は、明日から即実行してみよう!

 

忙がしい時こそ、あえて周りの人の手伝いを
したほうが、自分に余裕があるように感じることを
ペンシルバニア大、イェール大、ハーバード大の研究で
分かっています。とのことなので。

 

もし、心に余裕がないなーと思うかたがいれば、試してみてください!